Page: 1/79   >>
ライオン:25年目のただいまに見るハイテクの勝利

JUGEMテーマ:映画

 

ライオンというタイトルの意味は映画の最後に出てきますが、

成人してからの主役を演じたデヴ・パテルの髪の毛って、

まるでライオンの鬣のようでした。

 

それにしても、あの5歳の子役、サニー・パワールのかわいいこと!

これからどんな風に成長していくのか、とても楽しみです。

 

 

さて、この「25年目のただいま」の原作となった

"A Long Way Home" は何か国語にも訳され、世界で話題と

なりました。こんな話が実際に起こりうるのも、グーグル様の

おかげですね。

 

現代のハイテク機能がなければ、小さい頃のうろ覚えの記憶から

遠く海を隔てた国の、しかもほぼ未開発地域の生家を探し出す

なんてことはできなかったでしょう。

 

その本人の役を、あの「スラムドッグ$ミリオネア」で一躍有名

になった、インドの血を引く俳優が演じたことにも、無数の技術者を

アメリカに輸出しているインドを強調するものであったように思います。

また、オーストラリアの里親も、二コール・キッドマンという

オッシー女優が演じたことも、キャスティング効果があったのでは。

 

でも、インドって、やはり都会と田舎とでは暮らし向きが全然違うし、

貧富の差が激しいから、表には出ないところで人身売買などの危険な

取引が行われているのでしょうね。

 

子供ながらに感を働かせて逃げ去ったからこそ、サルーは生き延びる

ことができたんですよね。今でも、俗にいう、橋の下で暮らす

ストリート・キッズがどれくらいいるのかと思うと、心が痛みます。

 

邦題につけられたタイトルの「ただいま」って、英語の"I am home."

より、やっぱりぐ〜んと胸に響きます。

| mikaeiga | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
マンチェスター・バイ・ザ・シーでケイシー・アフレックが脚光を浴びる

JUGEMテーマ:映画

 

マンチェスター・バイ・ザ・シーをDVDで観ました。

 


ケイシー・アフレックというと、どちらかと言えば、これまで

兄のベン・アフレックの陰に隠れて今一脚光を浴びることが

なかったように思います。今回は、ミッシェル・ウィリアムズ

と組んで、両方ともアカデミー賞にノミネートされる大作となり、

第89回アカデミー賞では、見事に主演男優賞の座を射止めました。

 

マサチューセッツ州ボストンでプラマーの仕事をして一人暮らしを

していたリーには暗い過去があったのです。慕っていたフィッシャー

マンの兄が亡くなったことで、再び故郷の海岸沿いの町に戻ることに

なりました。兄が残した16歳の息子の貢献になるために。

 

この思春期のティーン・エイジャーであるパトリックを演じた

ルーカス・ヘッジズも、アカデミー賞にノミネートされていましたね。

この作品、原題そのままの “Manchester by the Sea”は、作品賞・

監督賞・脚本賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞と、実に

主要6部門でノミネートされていました。実兄とともに友人関係に

あるマット・デイモンがプロデューサーとなり、彼を抜擢したので、

アカデミー賞の受賞スピーチでは彼へのお礼も忘れませんでした。

 

自分の過失で子供をなくした親の気持ちは到底図ることはできません。

何らかの形でその罪を償おうとしても、一生癒えることのない傷。

そんな心の痛手を才能あふれるキャストが見事に演じていた映画でした。

 

 

 

 

| mikaeiga | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
アカデミー賞第89回授賞式の結末

JUGEMテーマ:映画

 

アカデミー賞授賞式見ましたか?

見てなくても、多分あの騒ぎはニュースで聞かれましたよね。

 

 

ウォーレン・ビーティーも封筒を開けたときにおかしいと

思ったみたいで、思わず隣のフェイ・ダナウェイに渡したん

ですよね。ここでもよく見れば、エマ・ストーンの名前が

あったのだから、やっぱりおかしいと気がつくべきでした。

もちろん間違った封筒を渡した人が一番の責任者なんだけど、

もう少し若いプレゼンターだったら、頭の回転が速かった

んじゃないかなと思う次第です。

 

 

昨年のミスユニバースの世界大会でも似たようなことが

ありましたよね。一度違う人に王冠をかぶせてから、

実は別の人が選ばれていたという顛末。

今回も、ラ・ラ・ランドのプロデューサーが受賞スピーチ

を行っている途中で発覚しているから、何ともお粗末です。

 

 

もう、ここは紳士的に、本当の受賞者を祝福するしかない

ですよね。本命の映画がアナウンスされたために、誰も

疑わなかったことも落とし穴でした。でもこういう時の

人間の感情って、本当にローラーコースターのようだと

思います。当事者の方々、本当に神経疲労、お疲れさまでした。

 

さてさて、とんだハプニングでしたが、一応以下に今回の

主な受賞者及び作品を挙げておきます。

 

作品賞:「ムーンライト」

監督賞:デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」

主演男優賞:ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

主演女優賞:エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」

助演男優賞:マハーシャラ・アリ「ムーンライト」

助演女優賞:ビオラ・デイビス「フェンス」

脚本賞:「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

脚色賞:「ムーンライト」

美術賞:「ラ・ラ・ランド」

撮影賞:「ラ・ラ・ランド」

編集賞:「ハクソ―・リッジ」

音響編集賞:「メッセージ」

録音賞:「ハクソ―・リッジ」

作曲賞:「ラ・ラ・ランド」

主題歌賞:"City of Stars"「ラ・ラ・ランド」

長編アニメーション賞:「ズートピア」

外国語映画賞:「セールスマン」

 

以上で、やっぱり「ラ・ラ・ランド」は14部門での

ノミネートのうち、6部門で最多受賞となりました。

ハクソ―・リッジ」はアメリカ政府から最高の栄誉を

もらった勇敢な兵士の物語ですが、沖縄戦における

描写の中に日本兵の卑怯なやり口が1シーンあったのと、

ビジュアル的に現実味に欠ける描写が多かったです。

 

上記に挙がっている作品でまだ私が観てないのは、

ムーンライト」と「フェンス」と「セールスマン」。

そのうち、DVDが出たら観ようと思っています。

 

 

 

 

 

| mikaeiga | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラ・ラ・ランドが世界の映画賞受賞しまくり!

JUGEMテーマ:映画

 

ラ・ラ・ランドが受賞しまくってます。

 

 

9月のベネチア国際映画祭では、エマ・ストーンが女優賞。

同じくトロント国際映画祭ではピープルズ・チョイス賞。

10月のハンプトンズ国際映画祭でも視聴者賞。

11月のハリウッド映画賞では、プロデューサー賞と撮影賞。

12月のニューヨーク映画批評家協会賞では作品賞。

同じく放送映画批評家協会賞では、作品賞、撮影賞、編集賞、

美術賞、作曲賞に加え、デイミアン・チャゼルが監督賞と脚本賞。

1月のパームスプリング国際映画祭では、バンガード賞。

ゴールデン・グローブ賞でも7部門で受賞。

また、アメリカ製作者組合賞(PGA)も受賞。

全米映画俳優組合賞(SGA)では、エマ・ストーンが主演女優賞。

2月のサンタバーバラ国際映画祭では、ライアン・ゴズリング

エマ・ストーンがともに優秀演技者賞。

そして、最新ではデイミアン・チャゼルが史上最年少で、

アメリカ監督組合賞(DGA)受賞。

これを受賞した者でオスカーを逃した人は殆どいないと言われる賞。

後は最多14部門にノミネートされたアカデミー賞の発表を待つのみ。

 

デイミアン・チャゼルの作品で印象的というか、鋭い映画だなと

思ったのは「ウィップラッシュ」。高校時代の自らの経験が元に

なっているという、才能あるドラマーとスパルタ音楽教師の葛藤を

描いた映画。あまりにも残酷で後味はよくなかったけど、人の心の

底にある物をあぶり出すような感じだった。

 

今回のようなミュージカルは映画界ではとかく軽く見られがち。だから

オスカーで作品賞を受賞した記憶に残る作品も、18年も前の「恋におちた

シェイクスピア」まで遡る。

 

私は個人的には、"La La Land"の方がずっと好き。だって、夢を追いかける

若者たちのピュアな恋心は、忘れ去っていた胸のときめきを思い出させて

くれるから。あのラストで、「もし〜〜〜たら」の場面が走馬灯のように

駆け巡るシーンは、何とも胸が痛い。

 

あなたにも過去の人生において、そんな経験ありませんか?

 

 

 

 

| mikaeiga | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
メリル・ストリープのアクセプタンススピーチ炎上!!

JUGEMテーマ:映画

 

メリル・ストリープがゴールデングローブの特別賞を受賞した

際に行ったアクセプタンススピーチが話題になってますね。

 

ハリウッドには政治的な主張をいとわない傾向があって、公式の

場で自らの政治的な意見を堂々と述べる人は多いです。現在の

ハリウッドは、その大半が左寄りなので、今回のメリル・

ストリープの演説も拍手喝さいを浴びましたが、中には、メル・

ギブソンやヴィンス・ボーンのように面白くないと思っている

人たちもいます。以下のビデオがスピーチ全編です。

 

 

言われた本人は早速ツィッターで反撃していますが、

全く時代は変わったという感じですね。

 

これは映画日記なので、以下に第74回ゴールデン・グローブ

賞の映画部門の主な受賞者を挙げておきます。

 

ドラマ部門作品賞:「ムーンライト」"Moonlight"

     女優賞:イザベル・ユペール "ELLE"

     男優賞:ケイシー・アフレック "Manchester by the Sea"

コメディ/ミュージカル部門作品賞:「ラ・ラ・ランド」"La La Land"

             女優賞:エマ・ストーン "La La Land"

             男優賞:ライアン・ゴズリング "La La Land"

助演女優賞:ヴィオラ・デイヴィス "Fences"

助演男優賞:アーロン・テイラー=ジョンソン "Nocturnal Animals"

アニメ作品賞:「ズートピア」"Zootopia"

外国語映画賞:"ELLE"

監督賞:デイミアン・チャゼル "La La Land"

脚本賞:デイミアン・チャゼル "La La Land"

作曲賞:ジャスティン・ハーウィッツ "La La Land"

主題歌賞:"「ラ・ラ・ランド」"La La Land"

 

ご覧のように、久々にミュージカル映画の「ラ・ラ・ランド」が

7部門の受賞で最多となりました。まだ上映されてない映画も多い中で、

評判が高かった「ラ・ラ・ランド」はぜひとも授賞式の前に観ておき

たかったので劇場に足を運んできました。

 

前評判以上に素晴らしい出来具合で、いい年をして胸キュンとなる

ラストにほろっとしてしまったのでした。

 

 

 

 

 

 

| mikaeiga | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}