Page: 1/1   
キッズが選んだベスト映画
キッズ・チョイス・アウォードの中で、もう一つ挙げておきたいのが、ベスト映画。キッズが、2006年度のベスト映画に選んだのは、Johnny Depp主演の”Pirates of the Caribbean:Dead Man’s Chest”

ジョニー・デップは、高校中退してるんですね。でも、見事映画界で花を開かせました。中退後は、しがないバンド活動をしていたようですが、前の奥さんが彼をNicolas Cageに紹介したことから、俳優の路に進んでいったそうです。

そうして映画デビューを飾ったのが、1984年の、”A Nightmare on Elm Street”でした。そのあと、私は気が付きませんでしたが、1986年の”Platoon”にも出てるんですね。

そして、1990年のファンタジー映画、”Edward Scissorhands”で成功を収め、見事スターダムにのしあがります。それからは、私の記憶する映画では、1993年の、”What’s Eating Gilbert Grape”,1994年の、”Ed Wood”,1995年の”Nick of Time”と毎年立て続けに、面白い作品に出ています。

それから、2003年に、大ヒット作、”Pirates of Caribbean:The Curses of the Black Pearl”が出てきます。その第2弾が、パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディションというわけです。ちなみに、前年度のベスト映画は、”Harry Potter & the Goblet of Fire”でしたが、この海賊映画も、ハリーポターのように、連続ものヒットになるかも。

私は明日から、カリフォルニアに旅行してきますので、この映画日記は、しばらくお休みします。
| mikaeiga | 01:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
キッズが選ぶアニメ
キッズ・チョイス・アウォードの続き。今日は、アニメ作品です。私はまだ見てないのですが、もうDVDが出ている、ハッピーフィート。昨年は、「マダガスカル」が取りました。

この”Happy Feet”は、アカデミー賞でも、本命の”Cars”を蹴落として、アニメーション部門で受賞しています。カーズもよかったんですけど、ちょっと大人向きだったかな。

さて、この「ハッピー・フィート」ですが、皇帝ペンギンが主役です。このペンギンの世界では、愛の告白は歌ですることになっているんですね。でもこの主役、歌が全く下手でどうしようもない。ところが、神様は見捨てませんでした。魔法の足を与えたのです。

このペンギン、躍らせたら最高。さあ、その足さばきで、見事意中の人を獲得できるのでしょうか?この映画が出たとき、私は、一番に、2005年に出た、”March of the Penguins”を思い出しました。

こちらは、南極大陸に住むペンギンの、過酷とも思える、まじめなドキュメンタリーです。極寒の中、子供を育てることがいかに大変なことか、親子の愛情に満ち溢れた映画でした。俳優の、Morgan Freemanが、ナレーションをしています。まだの方は、こちらもお勧めです。
| mikaeiga | 03:52 | comments(0) | trackbacks(9) |
キッズ・チョイス・アウォード
Kids’Choiceの男優編です。今日は、映画部門の男優賞を誰が取ったのかをお知らせします。彼の名前は、Adam Sandler.ちなみに、昨年の受賞者は、Will Smithでした。

さて、ニューヨーク大学を卒業して、1990年(私の子供が生まれた年)には、アメリカでは、コメディアンの登竜門的な存在のテレビ番組、”Saturday Night Live”のライターをしていました。でも、書くよりも、演技するほうが向いているとわかり、役者に転向。

私の記憶に残る映画を古い順にリストアップしていくと、96年の”Happy Gilmore”,99年の”Big Daddy”,02年の”Mr.Deeds”,03年の”Anger Management”,04年の”50 First Dates”,05年の”The Longest Yard”,06年の”The Bench Warmers”といったところでしょうか。

この中で、お勧めなのは、2002年の、Mr★ディーズ コレクターズ・エディションです。これは、1946年のコメディー”Mr.Deed Goes to Town”のリメイクで、小さい街で、平凡だけど幸せな暮らしをしていた彼が、突然遺産を受け継いで、超豪華な都会暮らしを始めるのですが、純粋な心は忘れないという、いい行い(Deed)のお話です。

もう一つ、挙げるとすると、2004年のロマンティックコメディー、50回目のファースト・キス コレクターズ・エディションです。これは、Adam Sandlerが、短期記憶喪失障害のDrew Barrymoreに恋したために、会うたびに、はじめから恋のやり直しを強いられる、ちょっと甘酸っぱいコメディーです。

最近は、私も、冷蔵庫をあけてから、何を取り出そうとしていたのか忘れてしまう、短期記憶喪失障害にかかっています。
| mikaeiga | 02:15 | comments(0) | trackbacks(9) |
Kids' Choice Award
3月31日に、アメリカのロサンゼルスで、ニッケルオデオンが主催する、”Kids’ Choice Award”が発表されました。

1987年(私が渡米した年)に始まった、この賞は、その名の通り、子供たちが、映画・テレビ・音楽・スポーツなどのジャンルで人気投票をして決められるもので、今年で20回目を迎えました。今週は、この賞の話をしたいと思います。

今年、映画部門の女優賞を取ったのは、13歳のDakota Fanningです。ちなみに、去年の女優賞は、Lindsay Lohanでした。

ダコタ・ファニングは、5歳のときから、カメラの前に立つことを覚え、その3年後には、Sean Penn主演の、”I am Sam”に出演して、”Actor’s Guild Award”にノミネートされたり、テレビ番組では、”ER”に出るなど、活躍し始めました。

最近の映画では、”Man on Fire”,”War of the Worlds”,”Hide and Seek”,”Dreamer”,そして今日DVDが出た、”Charlotte’s Web”などが挙げられます。

スティーブン・スピルバーグ監督の宇宙戦争は、トム・クルーズ主演で、宣伝効果も高かったので、ご存知の方も多いと思いますが、この映画で、ファニングの叫び声があまりにもキンキンしていたため、主人は、彼女が出てくる映画には恐怖感を覚えるようになってしまいました。

私はその内、夢駆ける馬ドリーマー スペシャル・エディションを見たいと思っているんですけどね。
| mikaeiga | 07:07 | comments(0) | trackbacks(6) |

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}