Page: 1/1   
AFIベスト100入り映画
AFI(アメリカン・フィルム・インスティテュート)が発表したベスト100映画の中には、新旧問わず、今年になって初めてベスト100入りした映画がたくさんあります。そのうち最も新しい過去10年間のものは昨日4作品挙げました。今日はベスト100映画の仕上げに、他の新規参入映画をリストアップします。

上から、17位”The General"、49位”Intolerance"、59位”Nashville"、61位”Sullivan's Travels"、63位”Cabaret"、67位”Who's Afraid of Virginia Woolf?"、72位”The Shawshank Redemption"、75位”In the Heat of the Night"、77位”All the President's Men"、81位”Spartacus"、82位”Sunrise"、85位”A Night at the Opera"、87位”12 Angry Men"、90位”Swing Time"、91位”Sophie's Choice"、95位”The Last Picture Show"、96位”Do the Right Thing"、97位”Blade Runner"、99位”Toy Story"となっています。

私は半分以上は見ていますが、皆さんはどうですか?この夏、出かけるのが暑くていやなときは、冷房の聞いた部屋で、お家で映画を観るならシネマナウ 月額1,890円で映画ダウンロードし放題


ベスト100映画を監督や俳優の観点からみると、最も多くの作品を監督したのは、スティーブン・スピルバーグで、5作品挙がっています。男優で最も多く出演しているのは、ロバート・デ・ニーロとジェイムズ・スチュワートがタイで5作品。女優では、フェイ・ダナウェイとキャサリン・ヘップバーンとダイアン・キートンがタイで、3作品に出ています。

最後に、最も多くのエントリーを出したのは、1970年代の映画で、20作品もありました。ということで、今週は、AFI雑学をお送りしました。
| mikaeiga | 01:26 | comments(0) | trackbacks(8) |
AFIベスト100映画の動き
AFI(アメリカン・フィルム・インスティテュート)が発表したベスト100映画の上位10位まで触れました。どういうわけか、クラシック映画が復活した話をしました。今日は逆に、新しい映画の参入の話。特に、ごく最近の10年間に製作され、推薦リストにあった43作品の中から、ベスト100に入ったのは、下記のたったの4作品でした。

第50位 ロード・オブ・ザ・リング<指輪物語>(2001)
第71位 セービング・プライベート・ライアン(1998)
第83位 タイタニック(1997)
第89位 シックス・センス(1999)

年代の幅を考えると、古くは、1916年物から、上記の2001年までがベスト100入りしています。昔々のサイレント映画では、”The General”(17位)、”Intolerance"(49位)、”Modern Times”(78位)、”Sunrise"(82位)が入っています。さすがに私も、このジャンルでは、「モダン・タイムズ」しかわかりません。

アニメ映画も二つあります。「白雪姫と7人の小人たち」(34位)と「トイ・ストーリー」(99位)。これは、ブービー賞ですね。

ミュージカル映画では、「キャバレー」「雨に唄えば」「サウンド・オブ・ミュージック」「ウェストサイド・ストーリー」「オズの魔法使い」「ヤンキー・ドゥードル・ダディー」の6作品です。
まだ見ていない名作があったら、シネマナウ
をのぞいてみましょう。さて、洋画を見るにも、外国の雑誌や新聞を読むにも、現実に通用する英語が必要になってきますね。あの有名な、
毎日1分!英字新聞のPremium版が出ています。元になる新聞教材に、女性のネイティブスピーカーが音声を付けたものです。スピードも2段階に分かれていて便利。生の英語で、生きた勉強に役立ちますよ。






| mikaeiga | 13:23 | comments(0) | trackbacks(1) |
AFIベスト10映画
AFI(アメリカン・フィルム・インスティテュート)が発表した、アメリカ映画ベスト100のトップが、連続1位の座を確保している「市民ケーン」であるというところまで話しました。では、ベスト10に入った残りの9作品は何だったのでしょうか?今日は箇条書きにしてみます。

2位 「ゴッド・ファーザー」(1972)Marlon Brando/Al Pacino
3位 「カサブランカ」(1942)Humphrey Bogart/Ingrid Bergman
4位 「レイジング・ブル」(1980)Robert De Niro/Joe Pesci
5位 「雨に唄えば」(1952)Gene Kelly
6位 「風とともに去りぬ」(1939)Vivien Leigh/Clark Gable
7位 「アラビアのロレンス」(1962)Peter O'Toole/Anthony Quinn
8位 「シンドラーズ・リスト」(1993)Liam Neeson/Ben Kingsley/Ralph Fiennes
9位 「バーティゴ」(1958)Alfred Hitchcok/James Stewart/Kim Novak
10位「オズの魔法使い」(1939)Judy Garland

皆さんは、この中でどれくらい制覇されてますか?私はここまではすべてカバーしています。映画の好みはあるとはいえ、とりあえずアメリカの映画界で働く人たちが選んだ、アメリカ映画史上、優秀作品とされるベスト10ですから、見て損はないと思います。まだの方は、シネマナウ
で探してみましょう。

でも、ここで面白いのは、最近上映された新しい映画が貝から上位に浮上してくるのはわかるのですが、このベスト10映画の中に、昨年20位から上がってきた「レイジング・ブル」や、もっとすごいのは、52位から上がってきた「バーティゴ」が含まれているということ。こんな古い映画がどうして急に脚光を浴びるのか。きっと、昔の映画が、どんどんDVD化されて、良質の画像やスペシャル付きで見られるようになっていくからなんでしょうね。
| mikaeiga | 01:14 | comments(0) | trackbacks(3) |

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}