Page: 1/5   >>
バリー・シールの破天荒ぶりは半端じゃない!

JUGEMテーマ:映画

 

トム・クルーズの本領発揮といった、バリー・シール。

久々に映画館で観てきました。やっぱり飛行機が飛ぶ映画は、

大きなスクリーンで観ないとね。

 

 

原題は、"American Made"。カテゴリー分けとしては、一応

「実際に合った話を映画化したもの」の中に入れていますが、

この映画はかなりの脚色あり。

 

ただ、バリー・シールほか、ノース中佐とかイラン・コントラ

関係の聞き覚えのある実在人物の名前が出てくるし、当時の

レーガン大統領や、副大統領のパパ・ブッシュらの実際の

ニュース・リールも流れたりするので、臨場感あふれています。

 

Barry Sealは、今はなき、元TWAの一民間パイロットだった

のですが、その腕前とゲーム感覚で飛行機を操縦する性格に

目をつけたCIAが彼に偵察機を飛ばさせ、運び役をさせたことが

始まりです。

 

綺麗な奥さんと、(実際の話ではどうか知りませんが)かわいい

子供に恵まれて、そのままの生活を続けれいれば命を落とすこと

もなかったでしょうに。

 

邦題の副題には、「アメリカをはめた男」となっていて、

確かにCIAの目をかいくぐって密輸で大金を荒稼ぎしていた

ことで最後には身を亡ぼすのですが、国に利用されたのが

始まりと考えれば、「はめた」のはどっち?とも思えます。

 

連邦警察、州警察、麻薬取締局に同時に追われても無罪

放免になるほど、米政府の闇を知っていたのです。

でも人間、欲が出だすととどまるところを知らなくなるのが、

怖いところ。

 

適当なところであぶく銭を謳歌していればよかったのですね。

なんて犯罪者の見方をするわけではないけれど、世の中、

もっとずる賢く立ち回る輩もたくさんいるので、ちょっと

可哀そうって気にもなるわけです。

 

ともかく久々のトムのアクション・ムービー。

十分楽しめます。

 

 

| mikaeiga | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハクソ―リッジで戦った崇高な兵士の心にあるものは?

JUGEMテーマ:映画

 

ハクソ―リッジ公開中ですね。もう観ましたか?

私はアメリカでDVDを借りて観ました。

この映画で、 アンドリュー・ガーフィールド は作品賞とともに、

アカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

 

 

俳優としてそんなにレベルが高いとは思いませんが、敬虔な

クリスチャンが、戦場で肉体的なことよりも心の葛藤に悩む様子は、

少し心もとなげな彼に合っていたのかもわかりません。

「沈黙」はまだ観てないので、何とも言えませんが、

「ソーシャルネットワーク」「スパイダーマン」からは、

随分成長したのでしょう。

 

さて、この映画、" Hacksaw Ridge"は、沖縄戦終盤の非常に過酷な

状況での日米戦を描いています。中にはその描き方が残酷すぎる

というような批評もあるようですが、私が観た限り、爆破で手足が

もぎ取られ、内臓が露になるシーンなどは、作りすぎて逆に滑稽で

さえあります。

 

この映画のテーマは、主人公のドスが、アメリカに対する愛国心と、

キリスト教への信仰心との間で揺れ動きながらも、自分にできることは

何かということを模索し、許される範囲内で必死に人間としての戦いを

続けることであり、日本側とアメリカ側がどうのこうのといったような

次元で見る映画ではありません。

 

戦場で最後に物を言うのは気力です。その点、日本軍の粘り強さは

有名ですが、アメリカ兵の中にもこのような人物がいたことは特筆

すべきです。つい先日、沖縄戦終結の慰霊祭が行われていましたが、

今、他国の人がかかわって沖縄をゆがめている事実に心が痛みます。

 

もうこのような形の陸上戦が繰り返されることはありませんが、

違う形での戦争が止むことがないのは悲しい事実です。

政治利用するのではなく、本当にあったことだけを正しく後世に

伝えていくことが望まれます。

| mikaeiga | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライオン:25年目のただいまに見るハイテクの勝利

JUGEMテーマ:映画

 

ライオンというタイトルの意味は映画の最後に出てきますが、

成人してからの主役を演じたデヴ・パテルの髪の毛って、

まるでライオンの鬣のようでした。

 

それにしても、あの5歳の子役、サニー・パワールのかわいいこと!

これからどんな風に成長していくのか、とても楽しみです。

 

 

さて、この「25年目のただいま」の原作となった

"A Long Way Home" は何か国語にも訳され、世界で話題と

なりました。こんな話が実際に起こりうるのも、グーグル様の

おかげですね。

 

現代のハイテク機能がなければ、小さい頃のうろ覚えの記憶から

遠く海を隔てた国の、しかもほぼ未開発地域の生家を探し出す

なんてことはできなかったでしょう。

 

その本人の役を、あの「スラムドッグ$ミリオネア」で一躍有名

になった、インドの血を引く俳優が演じたことにも、無数の技術者を

アメリカに輸出しているインドを強調するものであったように思います。

また、オーストラリアの里親も、二コール・キッドマンという

オッシー女優が演じたことも、キャスティング効果があったのでは。

 

でも、インドって、やはり都会と田舎とでは暮らし向きが全然違うし、

貧富の差が激しいから、表には出ないところで人身売買などの危険な

取引が行われているのでしょうね。

 

子供ながらに感を働かせて逃げ去ったからこそ、サルーは生き延びる

ことができたんですよね。今でも、俗にいう、橋の下で暮らす

ストリート・キッズがどれくらいいるのかと思うと、心が痛みます。

 

邦題につけられたタイトルの「ただいま」って、英語の"I am home."

より、やっぱりぐ〜んと胸に響きます。

| mikaeiga | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハドソン川の奇跡を起こしたサリー機長の葛藤やいかに?

JUGEMテーマ:映画

 

ハドソン川の奇跡を起こしたサリー機長の緊迫の瞬間を

クリントイーストウッド監督が映画化したDVDがまもなく発売。

 

 

アメリカの原題は、機長Chesley Sullenbergerのニックネームを

取って、”Sully”となっています。つまり、この飛行機事故が、

乗員乗客155人の誰一人として犠牲にならずに済んだ奇跡を

起こしたサリー機長の人となりに焦点を当てているんですね。

 

2009年1月15日に事故は起きました。ニューヨークのラガー

ディア空港を離陸した飛行機のエンジンにカナダ雁の群れが巻き

込まれ、両側ともエンジンを破壊してしまいました。

 

だからと言って飛行機はすぐに墜落するわけではなく、そのまま

最寄りの空港に引き返すことは可能なのですが、このバードスト

ライクが起きたのは離陸後間もなく、まだ十分に高度を上げてない

ときだったことが致命的でした。

 

もし、機長が空港まで引き返そうとしていたら、マンハッタンの

どこかのビルに突っ込み、911を再現するような事故になって

いたことは、後のシミュレーションで明らかになっています。

 

この間、約3分半。しかも、ではどこに飛行機を胴体着陸させる

かの判断を、サリー機長は30秒ほどで下しています。当時、

ハドソン川の航行する大型船が周りにいなかったのも、奇跡の

一役を担っていますが、川の浅瀬に機体を破壊させることなく

着水できたのは、機長と副操縦士の見事な連係プレーでした。

 

この機長を演じたのは、アカデミー受賞者のベテラン俳優、トム・

ハンクスアーロン・エッカート。キャスティングも見事でした。

 

映画では、この事故直後、サリー機長と副操縦士が運輸委員会の

公聴会にかけられ、裁判沙汰になるシーンがありますが、これは

フィクションで、実際にはシミュレーションを行ったことで、

機長の判断が正しかったことが証明されています。

 

私はその昔、航空会社に勤務していた経験があるので、パイロット

訓練生も少し知っていて、彼らが技術の訓練を受けるだけで合格

するのではなく、いかなる事態にも沈着冷静な判断ができうる

度量を兼ね備えていないといけないことはわかっていましたが、

この映画を観て、それを改めて思い起こしました。

 

それにしても、アメリカではほぼ電車代わりに使われるフライトも、

毎回このような危険が潜んでいることを考えると、パイロットの

精神状態は並大抵ではありませんね。

 

 

 

 

| mikaeiga | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
潜入捜査官が命を張って暴こうとするものは?

Infiltrator主演のブライアン・クランストンは、アメリカの人気ドラマ

ブレイキング・バッドでお馴染みの渋い俳優。今回は麻薬カルテルを

動かしマネーロンダリングの頂点に立つパブロ・エピスコバルを

捕らえようと、危険極まりない覆面捜査官ボブの役どころ。

 

 

ボブは架空の大富豪、ムッセラに成りすまし、仲間の捜査官と共に

潜入を開始。途中から女性捜査官のダイアン・クルーガーも参戦する。

彼女がボブのフィアンセの役割を任命されたときのやぼったい姿から、

いざ闇の世界のフィアンセを務める姿に変身するところは見もの。

最後のクレジットで、本物の人物像が写真で出ていたけど、やっぱり

現実とはちょっと違ってた。

 

中間層の麻薬ボスを務めるベンジャミン・ブラットも適役。仲間の

紹介を受けてゲイ・ボーイに局所を握られて怒り狂うボブ。でも、

これって麻薬のような裏世界に限らず、政治の世界でもあること

なんだって、最近知りました。初対面でそんな目に遭っておじけ

づくようでは、海千山千の政治の世界でも通用しないということか。

 

それにしても、現実にこういう危険な仕事をする御主人を持つ家庭は

どこかにあるわけで、その家族の気持ちを思うと、とにかく早く引退

してほしいと思うでしょうね。一般家庭なら、引退はできるだけ先の

方がありがたいところだけど。

 

| mikaeiga | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
選挙の勝ち方教えてほしいのは誰?

JUGEMテーマ:映画

 

選挙の勝ち方教えますって映画、日本では上映されてないんですね?

何ともったいない。でもDVDが出たみたいだからぜひ観てください。

今アメリカの混沌たる大統領選の中、こういう選挙の舞台裏を描いた

映画を観ると引き込まれていきますよ。

 

 

この映画の舞台は2002年のボリビア大統領選挙。そうです、実際に

あった選挙戦の裏側を描いた作品なのです。選挙は全て作戦といっても

過言ではないことが、この映画を見るとよくわかります。

 

主演のサンドラ・ブロックが演じるのは、後で彼女のおかげで当選する

ことになる大統領候補の選挙参謀ジェーン。キャンペーンスタッフに

その力を見込まれてヘルプの依頼を受けるのですが、最初は断ります。

でも、彼女の心をくすぐったのは、ライバル候補の選挙参謀を、かつて

選挙戦を戦って敗れたことのある、 ビリー・ボブ・ソーントンが務めて

いると知ったこと。

 

リベンジを願う彼女は乗り出します。そして繰り広げる演出合戦。

映画化に当たって、過剰な演出を加えているのかもしれないけれど、

心理を突いている部分はかなりあると思うんですね。

 

ついこの間合った、現在進行中のアメリカ大統領選におけるディベート

合戦でも明らかでした。1回目のとき、健康問題を取り沙汰されていた

クリントン氏は真っ赤なスーツを着込んで顔色をよく見せる演出を施し、

2回戦の折、女性蔑視発言問題で窮地に立たされていたトランプ氏は、

タウンホール型のディベートだったので、クリントン氏が聴衆に語り

かける度に、まるで背後霊のように彼女の後ろを付け回すなど、

明らかに心理作戦と取れる行動に出ていました。

 

この映画も、そんな民衆の心をつかむための細かな演出を施すことで、

最初は出遅れていた頼りなげな候補をラストスパートで追い上げていく

ところが見所ですが、やはりクライマックスは、当選直後にその態度を

180度転換してしまう大統領。

 

今回のアメリカ大統領選挙も、一体アメリカには他に人材はいないの?

と問いかけたくなるような状況なので、この作品を観ると苦笑してしまいます。

 

| mikaeiga | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
マネーショートのような華麗なる大逆転はもう起こらない?

 

マイケル・ルイス原作の「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」が

映画化された、「マネーショート・華麗なる大逆転」が間もなくDVDに。

 

 

クリスチャン・ベール 、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング

ブラッド・ピットの豪華な4人の男優が登場しますが、ブラピはちょっと

いつもの役どころとは違ってましたね。

 

この映画は、ご存知、リーマン・ショック時の金融業界の裏側を描いた作品なので、

字幕なしで見ると、やや難しい専門用語が出てきます。MBSだとかCDOだとか。

でも、結末はみんな分かっているんですけどね。

 

私も昨年末にやっと住宅ローンを払い終えたんですが、約25年ほどの間、自分の

意志にかかわらず、ローンの支払先がコロコロと変わっていったのを覚えています。

勿論普通のローンだったので、ちゃんと無事支払い終えましたが。

 

確かに、サブプライムローンで最終的に家を手放さなければならなかった人たちは

気の毒なんですが、当時のニュースをよく見ると、いかにも身分不相応な家を

買ってるように見えました。貸す方も貸す方ですが、やはり自分の立場をわきまえ

ないとね。

 

それにして、世の中にはいつも、大損をする人もいれば、桁違いの金もうけをする

勝ち組も出て来ます。その時々で、どれだけ先見の明があるかですね。

 

 

 

 

 

 

 

| mikaeiga | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スティーブ・ジョブズは異端児でも、その発する言葉は重い
JUGEMテーマ:映画

スティーブ・ジョブズを名優マイケル・ファスベンダーが好演した映画が
間もなく日本でもビデオになりますね。相手役のケイト・ウィンスレット
迫真の演技で、ともにアカデミー賞にノミネートされました。



IT業界のカリスマ、スティーブ・ジョブズが行った最も重要な3つの
新作発表会のプレゼンテーションの舞台裏を描きながら、そこに個人の
私生活を絡ませ、彼の人間性をあぶりだしていくストーリー展開に
なっていて、演技派の二人の俳優の魅力をダニー・ボイル監督が見事に
引き出した作品となっています。

以前に、アシュトン・カッチャー主演で同名の映画が出ましたが、
今回の作品はより深く掘り下げた中身になっています。

確かに、決して褒められた性格というか、人となりを持っているとは
言えないジョブズですが、普通の人にはない発想でアップルやピクサーを
導き、今日のテク世界を大いに発展させた人物の素顔に迫る面白い映画です。

彼が発する言葉には重みがあります。超有名になった、スタンフォード
卒業式でのスピーチは永遠に人々の心に刻まれることでしょう。



今また卒業式シーズンで、各大学では著名な人物が呼ばれ、スピーチを
行っていますが、こんなに心に響く言葉はありません。
 
| mikaeiga | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
レヴェナント:蘇りし者が日本上陸
JUGEMテーマ:映画

レヴェナント:蘇りし者が日本公開となりました。
第88回アカデミー賞では、最多の12部門にノミネートされながら、
アメリカでさえ、やっと1月末に公開された話題の映画でした。



一番の注目は、タイタニック以来4度目のノミネートとなった、
主演のレオナルド・ディカプリオが今度こそ主演男優賞を射止めるか
ということでしたが、皆さんもご存知の通り、監督賞と撮影賞と共に
見事4度目の正直となりましたね。

メキシコ人のイニャリトゥ監督は、「バベル」で脚光を浴びて以来、
昨年は、「バードマン」でアカデミーの監督賞を受賞。2年連続の快挙です。
撮影もすでに2度アカデミー受賞経験のあるエマニュエル・ルベツキが、
全て自然光にこだわった撮影をやってのけ、 栄誉に輝いたというわけです。
ちなみに英国俳優の起用が多いこの作品は、イギリスアカデミー賞でも
5部門を制覇しています。

ディカプリオと相対する英国俳優トム・ハーディーは、他の作品を蹴って、
主演俳優のリクエストに応える形で、相手役を引き受けたようですね。
「インセプション」で息があったんでしょう。ハーディーは私の好みでは
ありません(だから、あれだけ話題になった「マッド・マックス」も
観ていません。)が、悪役は上手いと思います。

さて、これからご覧になる皆さんにあまり詳しく筋書きをお伝えするのは
気が引けますが、どんな話が聞いてから映画を観にいこうと思われる方に、
ざっと書いておくと、今でこそ動物愛護団体をはじめ、動物を殺してまで
身につける皮製品に抵抗を感じる人の方が多くなっていますが、その昔、
19世紀初頭は、狩猟は組織的な事業でした。

その狩猟チームの古参であるヒュー・グラスを演じるのが、レオ様。
彼は、ネイティブ・アメリカンの女性との間に息子を持ち、息子もチームに
同行するのですが、トムが演じる同じチームのジョンとは相いれません。
ある日、このチームがインディアンに襲撃を受け、逃げる途中で、ヒューは
大きなクマに襲われ瀕死の重傷を負います。

初めは彼を担架に載せ、逃げ道を急ぐのですが、ある時点で、それでは皆の
命も危なくなるので、2,3人を残して一行は本部へと向かいます。この間、
天敵であるジョンは、まず息子を殺し、もう一人をねじ伏せて、ヒューを
置き去りにしていきます。

ここからヒューが、どのようにして蘇っていくのかがだいご味なので、詳細は
省きますが、インディアンは人の道を大切にする民族であるということが
最後にわかります。

この前、実話に基づく「エベレスト」も観たのですが、人の生命力というのは
不思議なものですね。生きようとする精神力は肉体を超える力を持っています。
 
 

 

 

| mikaeiga | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブリッジ・オブ・スパイは今でも秘かにどこかで起きている
JUGEMテーマ:映画
 
ブリッジオブスパイ "Bridge of Spies" のDVDが出たので観ました。
アカデミー賞授賞式までに観ておきたかった作品の1つです。


 
コーエン兄弟の脚本でスピルバーグがメガホンをとった映画です。
1950〜60年代にかけて、アメリカとソ連と呼ばれていたころ、
両国の間でスパイ活動が盛んにおこなわれていた時代に実際に起きた
事柄をもとに脚色された物語です。
 
ヒーローの弁護士を演じるのは、ベテラン俳優のトム・ハンクス
スピルバーグとは以前にも組んだことがあり、相性がいい二人。
彼は保険の分野での弁護士だったのが、たまたまソ連のスパイ容疑で
捕まった男の弁護を任されることになり、後々もっと重大な局面に
立たされることになります。
 
皆からは非難の目を浴びながらも、弁護士としての職務に忠実に
取り組む彼は、否定的な裁判官を説得して、何とか極刑を回避します。
このことが5年後に重大な意味を持つことになるんですね。
 
当然ながら、アメリカもスパイ活動を行っていました。空から写真を
撮るために、U2を操縦していたアメリカ人パイロットがソ連領空で
撃墜され捕まってしまいます。
 
そこで持ち上がったのが、お互いのスパイの交換。その交渉に当たった
のが、ジェームズ・ドノバン弁護士でした。ベルリンの壁ができて
まだ間がない頃、ちょっと間違えばどんな目に遭うかわからない東
ベルリンで、秘かに交渉を進めるのでした。
 
一介の弁護士だった彼が、国を代表して事に当たったのですね。
こののち、彼の交渉力が認められて、政府は再度彼に重大な交渉を
頼み、数多くの命を救ったとされています。
 
今でも世界のどこかで、国益のために自らの命を賭して、活動している
人たちががきっといるはずです。
 
| mikaeiga | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}