Page: 1/1   
スパイク・リー監督がシアトル国際映画祭で最高の栄誉を受賞
JUGEMテーマ:映画
シアトル国際映画祭では毎年、誰か一人に、映画界における長年の功績に対して特別栄誉賞が与えられますが、第35回目を迎える今年、その栄誉を受けたのは、黒人監督のスパイク・リー 氏。Spike Lee監督がその名を世界に知らしめたのは、一人で何役も務めた1989年の映画、"Do the Right Thing ”でした。

20年前に作られた「ドゥ・ザ・ライト・シング」は、ブルックリンの黒人街が舞台で、街のイタリアン・ピザの店と、韓国人経営の食料品店を中心に、異民族間の摩擦を描いたものです。この年のアカデミー賞2部門にノミネートされ、スパイク・リー監督は脚本賞でノミネートされていました。

以後スパイク・リー監督の記憶に残る映画作品では、1992年の”Malcom X”。「マルコム X 」もアカデミー賞2部門にノミネート。1998年には、同じくデンゼル・ワシントン主演の"He Got Game ”。2004年の”Jungle Fever ”や、2006年の”Inside Man ”など。またドキュメンタリー映画では、ハリケーン・カトリーナの悲劇を描いた、2006年の、"When the Levees Broke”。

最近完成した映画作品には、ブロードウェイ・ミュージカルの”Passing Strange”をアレンジしたものがあり、SIFFでも上映されました。この作品の主人公には、20歳のときにお母さんを亡くしたスパイク・リー監督自身に通じるものがあったそうです。

現在進行中の映画作品には、”Inside Man 2”や、マイケル・ジョーダンのドキュメンタリーもあり、まだまだ今後の活躍が期待されます。


| mikaeiga | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
シドニー・ポラック監督を偲んで
JUGEMテーマ:映画


訃報です。「愛と哀しみの果て」で、アカデミー賞を二つ取り、20以上の映画を監督した、シドニー・ポラック氏が、月曜日、自宅で癌のため、73歳という、監督業としてはまだまだ活躍の期待できる年で亡くなりました。Sydney Pollackは、俳優でもあり、プロデューサーもこなしていました。

ポラック氏は、常に時代の変化を鋭敏に捉え、変わり行く世界の中で、絶えず新しいスタンスの映画を作っていたと、ある映画研究家は行っています。1950年代に、ニューヨークで、俳優としてこのビジネスに入り、そして俳優を育てる側になり、1960年代になると、西海岸に移り、テレビ映画の監督を始めました。

Pollack監督は、とても几帳面で、彼の作る映画は、音楽の合わせ方などが完璧で、まるで抒情詩のようだと、あるシネマトグラファーは言っています。シドニー・ポラックの映画にかける情熱は、周りにいるものにも伝わり、皆をどんどん深遠な世界へ導いていくのだそうです。

監督、及びプロデューサーとして頂点を極めたのは、1985年の作品で、20世紀初頭のケニヤでの、作家の経験を描いたドラマ、”Out of Africa"ですが、プロデューサーとしては、"Presumed Innocent","The Fabulous Baker Boys","The Talented Mr. Ripley","Cold Mountain",そして記憶に新しいところでは、”Michael Clayton"などが挙げられます。

いずれも、いつかもう一度見てみたい作品ばかりです。シドニー・ポラック氏のご冥福をお祈りします。
| mikaeiga | 07:12 | comments(0) | trackbacks(10) |

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}