Page: 1/1   
ポール・ニューマンの人生に乾杯
JUGEMテーマ:映画


TSUTAYA online

ポール・ニューマンは、1925年1月26日に、オハイオ州で生まれました。(私と3日違い。)小学校のころから演技をすることに慣れ、戦争中は空軍で飛行訓練を受けるべく待機していたところ、部分色盲であることがわかり、無線班に回された為、無事帰還。戦後はまたドラマの勉強に戻り、そのルックスと透き通るような青い瞳で、すぐにテレビの仕事が入り、舞台も経験したあと、一挙に映画界のスターダムへと進んでいきます。

50年以上に及ぶ俳優業の中で、出演した映画作品は65作以上あり、オスカーには10回も候補にあがり、ついに主演男優賞を手にしたのは、遅すぎたともいえる、1986年の「ハスラー2」"The Color of Money”。これは、1961年の作品「ハスラー」のリメイクで、執念の勝利というわけですね。

Paul Newmanはハンサムすぎて、彼の演技力そのものを正しく評価されにくかったという人もたくさんいます。似たような話を、日本の津川正彦さんが話していたことを覚えています。この「ハスラー2」での演技は、決してポールのベストではないにせよ、これまでの活躍からも、主演男優賞は授かって当然のものだったと思います。

でもそんな華々しいスターダムにいながら、普通の生活を好んだ彼は、2番目の奥さんで女優の、Joanne Woodwardと、ハリウッドから遠く離れたところでひっそり住み、映画の役どころで知ったカーレースの魅力に取り付かれ、アマチュアからプロへと腕をあげ、ルマンのレースでは相棒と見事入賞。

一方、脚本家で小説家でもある友人といっしょに作ったドレッシングが好評になり、皆さんもご存知の、ポールニューマンシリーズを、非営利団体の会社を立ち上げて販売に出ます。その後もレモネードやポップコーンにも成功し、皮肉にも俳優業での稼ぎよりも、この慈善団体の売り上げのほうが多くなったそうです。

Paul Newmanを振り返るとき、やはり一番思い出に残るのは、「明日に向かって撃て!」"Butch Cassidy and the Sundance Kid”ですね。共演のキャサリン・ロスとロバート・レッドフォードの組み合わせが最高にいい。音楽も素敵でした。(ちなみにキャサリン・ロスと私の誕生日は同じ日。)

年がいってからも、若さを保つため、顔をいつも冷たい水で洗っていたという、ポール・ニューマン。癌との戦いには負けても、魂は永遠です。




| mikaeiga | 07:07 | comments(0) | trackbacks(6) |
デニス・クエイドの最近の映画
JUGEMテーマ:映画


テンプレート驚きの2500種類!あなた好みのブログをつくるならJUGEM



デニス・クエイドも、まあまあ好きな男優の一人です。家の主人の若い頃に、ほんのちょっと似てなくもないかな?!それはともかく、まだ劇場公開から半年もたっていないのに、DVDになった、”Smart People”(賢い人々)を見ました。

これは、カーネギー・メロウの堅物のやもめ教授が、ひょんなことから、人間性を変えていくお話。Dennis Quaidが演じるのは、大学生の息子と、大学受験生の娘を持つ、人付き合いの下手な、極めておもしろくない父親で、ある日怪我をして入院したERの女医がかつての教え子だとも気付かないほど、どんな生徒にも感情移入のできない教授でした。

ところが、どうしたことかこの女医と付き合い始め、躓きながらも、家族を大切にする、人情味のある先生に変身していきます。受験勉強中の娘役は、アカデミー賞にノミネートされた、エレン・ペイジで、まさにはまり役。頭がよくても、決して人間性が伴わない人っていますよね。大学受験を終えた息子を持つ親には、ちょっと共感のできる映画でした。

そこで、ちょっと前に出た、デニス・クエイドの映画、”Vantage Point”も見てみました。こちらは大統領を守るSPの役。一度は警護中に撃たれるも、また復帰したのが、スペインで行われたテロのサミット。そして、やはりテロが行われる。この映画がおもしろかったのは、テロの瞬間が最初に放映されてから、何回も何回もそのシーンを、違う角度から移しているところ。

最初は、またかと思うのですが、編集のうまさで、毎回新しい気付きを与えてくれる。全身を目と耳にしていなければわからない詳細を、あらゆるアングルから探っていき、ゴールにたどり着くところが、スリルがありました。息子は、SPを含め、国家の機密保持に興味を示していて、これまた興味の対象になる映画でした。 バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション
iconも出ています。



| mikaeiga | 06:19 | comments(0) | trackbacks(3) |
ウォレン・ビーティーAFIライフタイム・アチーブメント受賞
JUGEMテーマ:映画




ウォーレン・ビーティが、今年の、AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)第36人目の、ライフタイム・アチーブメント賞を受賞しました。この模様は今週始めにテレビでも放映され、何と元アメリカ大統領、ビル・クリントンや、映画界からは、「シャンプー」で共演した、ロバート・ダウニー・ジュニアや、「レッズ」で共演した、ダイアン・キートンらが、お祝いのスピーチをしていました。

ビル・クリントン氏という方は、日本の元首相の小泉氏に少し似ているところがあって、実に芸術部門に精通しているんですね。在任中から、映画の話になると、深い話ができることで、何か親しみを感じていましたが、人間は、やはり人生を楽しまなくちゃ。

話を元に戻すと、Warren Beattyは、バージニアの教育者の家庭に生まれ、俳優業をめざし、24歳のときに、アメリカの思春期映画のクラシック、「草原の輝き」の大成功で、颯爽とスター街道を歩むかと思えば、「俺たちに明日はない」でプロデューサーとしての力量もあらわし、「シャンプー」では、脚本家としての才能も披露し、ジュリー・クリスティーと共演した、「天国から来たチャンピオン」では、ついに、俳優・監督・脚本・プロデューサーを務めるという、マルチタレントぶりを発揮し、その4役それぞれでアカデミー賞にノミネートされるという快挙を成し遂げました。

アカデミー賞のノミネートでいえば、実に、6つの映画で、4つの部門に、15回もノミネートされており、1981年の「レッズ」で、ついにその成果が表れ、監督賞を受賞するに至っています。ハリウッド界ではよくあることですが、政治活動も活発で、民主党のロバート・ケネディーや、ジョージ・マクガバンのキャンペーンも手伝ったことがあります。

そして、「レッズ」から10年後の、1991年の「バグジー」で共演した、アネット・ベニングと結婚してからは、子作りに励み、4人に父親になりました。ライフタイム・アチーブメントにふさわしい、盛りだくさんの人生ですね。

| mikaeiga | 08:50 | comments(0) | trackbacks(4) |
"Iron Man"のロバート・ダウニー・ジュニア
JUGEMテーマ:映画


ロバート・ダウニー・ジュニアの最新作、”Iron Man"がヒット中です。現在5週目にして、今週の興行成績は4位で、売り上げは276百万ドルに上り未だトップです。追い上げているのは、上映2週目にして、既に215百万ドルの、「インディアナ・ジョーンズ」。売り上げで3桁を記録しているのは、もう一つ、115百万ドルの、「ナルニア物語」。

この大ヒットは、本人も予想していなかったようで、「自分は大体アクションスターの柄ではないんだけどな。」とか言ってましたね。でも一昔前、幾度かドラッグに手をつけた後、リハビリで立ち直り、ヒーロー役で返り咲くというのは、アメリカならではといったところでしょうか。いい役者なので、必ず復帰してほしいとは思っていましたが。

Robert Downey Jr.というからには、Sr.がいるはず。RDJのお父さんは、ニューヨークでアングラ映画を作っており、小さいころにはお父さんの作る映画に出て、大人になってから、テレビの”Saturday Night Live”でデビューし、ハリウッドに出てきたのは、私がアメリカに移り住んだのと同じ1987年のこと。

記憶に残る映画はやはり、1992年の”Chaplin"。本当にチャップリンの動作を良く真似ていました。この年のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた値打ち十分ありです。軽めの映画では、”1997年の"Two Girls and a Guy"。文字通り、ガールフレンドを二股かけていたのがばれて、ドつぼにはまるお話。この映画の最中は、実生活でも、毎日ドラッグテストを受けていたとか。これからも薬に頼らず、いい演技を見せてほしいですね。



| mikaeiga | 07:45 | comments(0) | trackbacks(2) |
牧師の罪
アメリカで最も大きいとされる、ローマカトリック教会区のリーダーである枢機卿が、日曜日に、牧師が犯した罪について、公の場で被害者に謝りました。これは、牧師に性的虐待をされたと訴えた500人以上の被害者との和解で、総額6億6千万ドルもの賠償金が支払われことになったのを受けて、責任の所在を明らかにしたものです。

単純に計算しても、一人百万ドル以上もらえることになりますが、被害者の人たちは若いときにすでに一生をめちゃめちゃにされたわけで、このリーダーが言ったとおり、これで許されるわけでも、元通りの生活に戻れるわけでもありません。これから、その罪を犯した牧師たちの記録を公表するそうですが、遅すぎます。

このことで、すぐに思い出した映画があります。1996年に出た、Edward Norton主演の真実の行方(原題”Primal Fear")です。この映画を見たとき、エドワード・ノートンの演技力に圧倒されました。彼が、教会に所属する子どもたちの被害者の役で、リチャード・ギアが敏腕の弁護士を演じていましたが、ノートンはこの映画で、アカデミー主演男優賞にノミネートされました。

この映画で実力を認められた彼は、その後、1998年のアメリカン・ヒストリーXでも、アカデミー主演男優賞にノミネートされ、同じく暴力系の映画、1999年のファイト・クラブ
iconでは、ブラピと競演して話題を呼びました。

最近見たものでは、去年の作品で、中国の片田舎で勤務する医師の役を演じ、その新妻を演じるナオミ・ワットとともにプロデュースもした、”The Painted Veil"がよかったですね。
| mikaeiga | 03:57 | comments(0) | trackbacks(4) |
トム・クルーズの新作映画
アメリカでは、7月4日(独立記念日)といえば、打ち上げ花火の日です。すんでいるところによって、個人の打ち上げ花火は禁止されているところもありますが(シアトルはその一つ)、大きな湖の周りでは、公の花火大会があるので、昼間から、よく見えるところの席取りに出かける人がたくさんいます。アメリカは今サマータイムなので、10時近くまで暗くならないので、長丁場です。

さて、7月4日の映画といえば、トム・クルーズの代表作のひとつ、7月4日に生まれて
iconがありますね。1989年の、オリバー・ストーン監督の映画で、ベトナム戦争で負傷し、下半身不随になった、Ron Kovic という実在の人物の伝記映画になっています。

この映画で、オリバー・ストーンは監督賞を受賞し、トム・クルーズは、男優賞にノミネートされましたが、惜しくも受賞を逃しました。そのトムが、現在、ドイツで新作映画、”Valkyrie"の準備に入っています。これは、ヒットラーの暗殺計画を立てて失敗し、処刑された陸軍大佐、Claus Graf Schenkvon Stauffenbergの話だそうです。

長い名前で、どう読むのかもわかりませんが、問題は、サイエントロジーで論争を呼んでいる、トム・クルーズが、ドイツの英雄とされる人物を演じることにあるらしく、サイエントロジー側では、ドイツの政治家が、トムの人気にあやかって、自分たちの宣伝に使おうとしているのだとか、主張しているようです。

ともかく、実際に、この大佐が勤務地であり、またそこで処刑されたという、ドイツのヘッドクォーターがあった所での撮影許可が下りているらしく、映画の臨場感としては、面白くなりそうです。
| mikaeiga | 06:15 | comments(0) | trackbacks(8) |
好きな男優
映画を選んで見るとき、人気のある映画でも、もし出ている俳優に興味がないときは、劇場まで足を運ばないことが多いです。この逆も言えます。好きな俳優が出ていれば、少々前評判が悪くても、とりあえず見に行きます。

私にとって、何か新しい映画が出たときに、必ず、それも初日を目指して見に行く男優は、Tom Cruise です。初めて彼の映画を見たのは、皆さんご存知、”Risky Business”でした。彼を一躍人気スターにしたあのシーンは、いろんな映画でもパロディーになっていますよね。

この映画を見たときは、まだ日本にいました。それで、このかわいい男の子をみんな見たくて、過去に遡って、”The Outsiders”を探しました。もうかなり街外れの場末の映画館でしか上映していなかったのですが、がんばって見に行きました。

それからテープで、”Taps”や、かなり低級な”Losin’It”、”All the Right Moves”に、”Legend”も見ました。その後は、全て劇場で新作を見ています。

最近、Scientologyの広告塔のような立場にあって、ついていけない部分もありますが、やっぱり気になる俳優なので、見てしまいます。

今回の結婚は、3度目の正直で続くのでしょうか? でも私としては、Nicole Kidman と一緒にいてほしかったんだけどな。 
| mikaeiga | 12:21 | comments(0) | trackbacks(4) |

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}