Page: 1/1   
「スーパーチューズデー〜正義を売った日〜」はまさにタイムリーな政治の裏側を皮肉った映画
JUGEMテーマ:映画

「スーパーチューズデー〜正義を売った日〜」はまさにタイムリーな政治の裏側を皮肉った映画です。ジョージ・クルーニーはアカデミー賞で脚色脚本賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞では、脚本賞以外にも、ドラマ部門の作品賞をはじめ、監督賞にノミネートされた他、ライアン・ゴズリングは主演男優賞にノミネートされた、見ごたえのある政治ドラマです。

”Ides of March"(プレビューをどうぞ。)で、民主党の大統領有力候補者であるマイク・モリス(ジョージ・クルーニー)は、予備選のスーパーチューズデーに向けて、ライバル候補の上院議員を一歩リードしています。その候補を支えているのが、ベテランマネージャーのポール(フィリップ・シーモア・ホフマン)と、広報官の役目を担うスティーブン(ライアン・ゴズリング)の二人。

有能な両輪で好調に進む中、ある日ライバル陣営を支える選挙参謀のトム(ポール・ジアマッティ)がスティーブンを呼び出し、何と彼を引き抜こうとするのですが、モリスに忠誠を誓う彼は拒否。このことをポールに報告したがために怒りを買い、首になります。そうとなったら寝返りをうとうと、トムに会いにいくも、今度は門前払い。

そんな中、スティーブンは若くてきれいなインターンのモリー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と親密になり、ある秘密を知るのです。折りしもモリスの人気度にかげりが見え始めた頃、
スティーブンは覚悟を決めてある行動に出るのでした。

George Clooneyは現実の世界でも、かなり政治的な行動を起こしていて、ハリウッド界には、堂々と政治主張を掲げる俳優が少なくありません。Ryan Goslingはといえば、これまで「ラースと、その彼女」や「ブルーバレンタイン」などロマンスものが多かったのですが、今回は切り口の違う役どころを見せてくれています。

政治はまさに駆け引きの世界。アメリカでは現実に、この11月に大統領選挙が予定されており、共和党候補者は事実上決まったようなもので、夏の共和党大会で正式指名を受けるのを待つのみとなっています。ここから先は現職のオバマ大統領と、対するミット・ロムニー氏の一騎打ちに向けて、どんな泥沼となっていくのか、過去の人知れないスキャンダルもそのうち浮上してくるのかもわかりません。

| mikaeiga | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョージ・ブッシュ大統領をからかった、ポリティカル・コメディー映画 「W]
JUGEMテーマ:映画
 
オバマ氏は、ホワイトハウスを訪れ、ブッシュ大統領と今後の政権交代について少し話し合ったようです。その間、ファーストレディーのローラとミッシェルは、ホワイトハウスでの子育てについて意見を交換したとか。これからオバマ氏の娘さんたちの通う学校では、厳密な警戒の元、教室には常にボディーガードが入ることになるわけですね。私は教員をしているのですが、ボディーガードつきの子弟は、あまり歓迎したくないです。

アメリカにはコメディー映画が多いですが、現職の大統領が題材にされているということからしても、以下にその政権が批判の多い、お粗末なものであったかということがわかるでしょう。タイトルは、ニックネームを取って、”W.”。いつも感心することですが、現存する人物の映画を作るときは、極力本人の姿かたちや雰囲気を備えた役者が起用されます。この「W」でも、ブッシュ大統領にそっくりというわけにはいきませんが、話し振りや身のこなしは、さすがに俳優さんがよくとらえています。

ブッシュ大統領を演じたのは、Josh Brolin ですが、周りのスタッフもよくそろえています。ローラ・ブッシュ役のElizabeth Banksに、バーバラ・ブッシュ役のEllen Burstyn。父で元大統領は、James Cromwell。チェイニー副大統領を演じる、Richard Dreyfussもそっくりなら、ライス国務長官のThandie Newtonも、髪型とメークで、かなり雰囲気が出ています。

サンディー・ニュートンを初めて見たのは、「ミッション・インポシブル2」でした。それから、アカデミー賞を取った、「クラッシュ」。最近では、やはりコメディーで"Run Fatboy Run”にも出ていましたが、今回のは全く違うキャラクター。「W」では、ジョージ・ブッシュの学生時代から、飲んだくれを経て、テキサスレンジャーズのオーナーから、政界入りし、現在に至るまでを描いていますが、爆笑するのではなく、苦笑いを繰り返すコメディーになっています。

大統領や選挙を題材にした映画で記憶に残るものを下に挙げますので、まだ観てない物がありましたら、参考にしてください。

| mikaeiga | 09:41 | comments(0) | trackbacks(2) |

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}