スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
アカデミー賞第88回授賞式
JUGEMテーマ:映画

アカデミー賞第88回授賞式が行われましたが、今年はブラックアウトが
テーマでしたね。昨年に引き続き、演技部門で黒人俳優が一人もノミネート
されなかったため、会場の外ではプロテストが続いていました。

ノミネートが発表されてからも、スパイク・リー監督をはじめ、有名な黒人俳優が
アカデミー賞授賞式のボイコットを決めたため、司会のクリス・ロックも周りから
圧力を受けたようですが、逆に司会者の特権、オープニングのモノローグで、
思いっきりジョークを交えながら黒人の立場に立った主張を繰り返していました。



皮きりに彼が言った言葉は、別名「ホワイトピープルズ・チョイス・アワード」。
これはアメリカでファン投票による芸能界の人気コンテストに絡めて言ったもので、
プレゼンターを紹介するときにも、エミリー・ブラントシャーリーズ・セロン
登場のときには、アカデミーも幅広い人種を採用していますと前置きしてから、
白人と、より白人のという形容詞で表現して、笑いを誘っていました。

でも、ちょっとシリアスだったのは、アカデミー賞が白人寄りだったのは今に
始まったことではなく、昔も黒人のノミネートは限られていた。でも、当時は、
だれが何の賞を受賞するとかいうことよりも、もっと深刻な黒人差別問題が
あったから、誰も話題にもしなかったんだと言っていました。

確かにそうですね。今回、ベスト作品に、ジャーナリストたちがカトリック教会
牧師の闇を暴いた「スポットライト」が、他のお金をかけたスペクタクル映画を
押しのけて選ばれたのも非常に意義のあることだったと思います。

主演男優賞と主演女優賞はゴールデン・グローブと同じ、レオナルド・ディカプリオ
ブリー・ラーソンがそれぞれ受賞し、監督賞は、昨年の「バードマン」に続いて
「蘇りし者」アレハンドロ・イニャリトゥ監督が手にしましたね。技術部門は、
マッドマックスの天下でした。

助演男優賞は、「ブリッジ・オブ・スパイ」マーク・ライアンス。舞台出身の
演技派でした。助演女優賞は、お花が咲いたようなドレスを身にまとった
アリシア・ ビカンダ―。

「エクスマキナ」は観たのですが、受賞作の「リリーの全て」は まだ観てないので、
これから観ることにします。
 
| mikaeiga | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:12 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}