Entry: main  << >>
ハドソン川の奇跡を起こしたサリー機長の葛藤やいかに?

JUGEMテーマ:映画

 

ハドソン川の奇跡を起こしたサリー機長の緊迫の瞬間を

クリントイーストウッド監督が映画化したDVDがまもなく発売。

 

 

アメリカの原題は、機長Chesley Sullenbergerのニックネームを

取って、”Sully”となっています。つまり、この飛行機事故が、

乗員乗客155人の誰一人として犠牲にならずに済んだ奇跡を

起こしたサリー機長の人となりに焦点を当てているんですね。

 

2009年1月15日に事故は起きました。ニューヨークのラガー

ディア空港を離陸した飛行機のエンジンにカナダ雁の群れが巻き

込まれ、両側ともエンジンを破壊してしまいました。

 

だからと言って飛行機はすぐに墜落するわけではなく、そのまま

最寄りの空港に引き返すことは可能なのですが、このバードスト

ライクが起きたのは離陸後間もなく、まだ十分に高度を上げてない

ときだったことが致命的でした。

 

もし、機長が空港まで引き返そうとしていたら、マンハッタンの

どこかのビルに突っ込み、911を再現するような事故になって

いたことは、後のシミュレーションで明らかになっています。

 

この間、約3分半。しかも、ではどこに飛行機を胴体着陸させる

かの判断を、サリー機長は30秒ほどで下しています。当時、

ハドソン川の航行する大型船が周りにいなかったのも、奇跡の

一役を担っていますが、川の浅瀬に機体を破壊させることなく

着水できたのは、機長と副操縦士の見事な連係プレーでした。

 

この機長を演じたのは、アカデミー受賞者のベテラン俳優、トム・

ハンクスアーロン・エッカート。キャスティングも見事でした。

 

映画では、この事故直後、サリー機長と副操縦士が運輸委員会の

公聴会にかけられ、裁判沙汰になるシーンがありますが、これは

フィクションで、実際にはシミュレーションを行ったことで、

機長の判断が正しかったことが証明されています。

 

私はその昔、航空会社に勤務していた経験があるので、パイロット

訓練生も少し知っていて、彼らが技術の訓練を受けるだけで合格

するのではなく、いかなる事態にも沈着冷静な判断ができうる

度量を兼ね備えていないといけないことはわかっていましたが、

この映画を観て、それを改めて思い起こしました。

 

それにしても、アメリカではほぼ電車代わりに使われるフライトも、

毎回このような危険が潜んでいることを考えると、パイロットの

精神状態は並大抵ではありませんね。

 

 

 

 

| mikaeiga | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:03 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}