Entry: main  << >>
ラ・ラ・ランドが世界の映画賞受賞しまくり!

JUGEMテーマ:映画

 

ラ・ラ・ランドが受賞しまくってます。

 

 

9月のベネチア国際映画祭では、エマ・ストーンが女優賞。

同じくトロント国際映画祭ではピープルズ・チョイス賞。

10月のハンプトンズ国際映画祭でも視聴者賞。

11月のハリウッド映画賞では、プロデューサー賞と撮影賞。

12月のニューヨーク映画批評家協会賞では作品賞。

同じく放送映画批評家協会賞では、作品賞、撮影賞、編集賞、

美術賞、作曲賞に加え、デイミアン・チャゼルが監督賞と脚本賞。

1月のパームスプリング国際映画祭では、バンガード賞。

ゴールデン・グローブ賞でも7部門で受賞。

また、アメリカ製作者組合賞(PGA)も受賞。

全米映画俳優組合賞(SGA)では、エマ・ストーンが主演女優賞。

2月のサンタバーバラ国際映画祭では、ライアン・ゴズリング

エマ・ストーンがともに優秀演技者賞。

そして、最新ではデイミアン・チャゼルが史上最年少で、

アメリカ監督組合賞(DGA)受賞。

これを受賞した者でオスカーを逃した人は殆どいないと言われる賞。

後は最多14部門にノミネートされたアカデミー賞の発表を待つのみ。

 

デイミアン・チャゼルの作品で印象的というか、鋭い映画だなと

思ったのは「ウィップラッシュ」。高校時代の自らの経験が元に

なっているという、才能あるドラマーとスパルタ音楽教師の葛藤を

描いた映画。あまりにも残酷で後味はよくなかったけど、人の心の

底にある物をあぶり出すような感じだった。

 

今回のようなミュージカルは映画界ではとかく軽く見られがち。だから

オスカーで作品賞を受賞した記憶に残る作品も、18年も前の「恋におちた

シェイクスピア」まで遡る。

 

私は個人的には、"La La Land"の方がずっと好き。だって、夢を追いかける

若者たちのピュアな恋心は、忘れ去っていた胸のときめきを思い出させて

くれるから。あのラストで、「もし〜〜〜たら」の場面が走馬灯のように

駆け巡るシーンは、何とも胸が痛い。

 

あなたにも過去の人生において、そんな経験ありませんか?

 

 

 

 

| mikaeiga | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:05 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}