Entry: main  << >>
アカデミー賞第89回授賞式の結末

JUGEMテーマ:映画

 

アカデミー賞授賞式見ましたか?

見てなくても、多分あの騒ぎはニュースで聞かれましたよね。

 

 

ウォーレン・ビーティーも封筒を開けたときにおかしいと

思ったみたいで、思わず隣のフェイ・ダナウェイに渡したん

ですよね。ここでもよく見れば、エマ・ストーンの名前が

あったのだから、やっぱりおかしいと気がつくべきでした。

もちろん間違った封筒を渡した人が一番の責任者なんだけど、

もう少し若いプレゼンターだったら、頭の回転が速かった

んじゃないかなと思う次第です。

 

 

昨年のミスユニバースの世界大会でも似たようなことが

ありましたよね。一度違う人に王冠をかぶせてから、

実は別の人が選ばれていたという顛末。

今回も、ラ・ラ・ランドのプロデューサーが受賞スピーチ

を行っている途中で発覚しているから、何ともお粗末です。

 

 

もう、ここは紳士的に、本当の受賞者を祝福するしかない

ですよね。本命の映画がアナウンスされたために、誰も

疑わなかったことも落とし穴でした。でもこういう時の

人間の感情って、本当にローラーコースターのようだと

思います。当事者の方々、本当に神経疲労、お疲れさまでした。

 

さてさて、とんだハプニングでしたが、一応以下に今回の

主な受賞者及び作品を挙げておきます。

 

作品賞:「ムーンライト」

監督賞:デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」

主演男優賞:ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

主演女優賞:エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」

助演男優賞:マハーシャラ・アリ「ムーンライト」

助演女優賞:ビオラ・デイビス「フェンス」

脚本賞:「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

脚色賞:「ムーンライト」

美術賞:「ラ・ラ・ランド」

撮影賞:「ラ・ラ・ランド」

編集賞:「ハクソ―・リッジ」

音響編集賞:「メッセージ」

録音賞:「ハクソ―・リッジ」

作曲賞:「ラ・ラ・ランド」

主題歌賞:"City of Stars"「ラ・ラ・ランド」

長編アニメーション賞:「ズートピア」

外国語映画賞:「セールスマン」

 

以上で、やっぱり「ラ・ラ・ランド」は14部門での

ノミネートのうち、6部門で最多受賞となりました。

ハクソ―・リッジ」はアメリカ政府から最高の栄誉を

もらった勇敢な兵士の物語ですが、沖縄戦における

描写の中に日本兵の卑怯なやり口が1シーンあったのと、

ビジュアル的に現実味に欠ける描写が多かったです。

 

上記に挙がっている作品でまだ私が観てないのは、

ムーンライト」と「フェンス」と「セールスマン」。

そのうち、DVDが出たら観ようと思っています。

 

 

 

 

 

| mikaeiga | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:05 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}