Entry: main  << >>
美女と野獣のフランス版も見る価値あり

JUGEMテーマ:映画

 

美女と野獣は大ヒット中ですが、3年前に作られた

フランス版も見比べてみてはいかがでしょうか?

 

 

こちらのヒロインは、フレンチのレア・セドゥ。彼女を

初めて観たのは、その前年に作られた、「アデル、ブルーは

熱い色」でした。この役はかなり毛色の違った役どころで、

ここから入った私は、その後の彼女の映画を観るとき、

かなりのギャップを感じていました。

 

今回は全く正反対の、愛らしい女の子の役。一方、野獣役の

ヴァンサン・カッセルのアメリカ映画で記憶に残っているのは、

2010年の「ブラック・スワン」ですね。

 

この元王子がどうして野獣に変えられてしまったかという

設定は、エマ・ワトソン"Beauty and the Beast"とは少し

違っていますが、どちらも天の神様に試されていたという点では、

同じと言えるでしょう。

 

人間は物質界に住んでいるので、やはり目に見える表面的な

ことで判断しがちなのは、致し方ないのかもわかりません。

私も実は面食いですから。

 

ポイントとなる薔薇の使い方にも少し違いあります。

フランス版では、そもそも薔薇を娘の要望に従ってもぎ取って

しまったことに問題の発端があるのですが、アメリカ版では、

命の灯のように扱われていますね。

 

私が一番かわいいと思ったのは、王子以外にも召使や周りの

物まで彫像とかに変えられてしまう中で、フランス版では、

狩りに使っていたビーグルが変身している妖精?たちです。

 

ラブストーリーという点では、アメリカ版の方が心の移り

変わりが繊細に描かれているので、ヒットする所以でもある

のだと思いますが、それぞれに味わいはあります。

 

 

 

 

 

| mikaeiga | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:06 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}