Entry: main  << >>
ビリー・ジーン・キングはフェミニストの先駆け

JUGEMテーマ:映画

 

バトル・オブ・ザ・セクシーズのビデオを観ました。

ビリー・ジーン・キングが当時のテニス界の女王で

あることは知っていたけど、この世紀の大マッチの

ことは、この映画を観るまで知りませんでした。

 

 

今では、ハリウッドの女優たちが、公然と、1本の

映画撮影に支払われるお給料の男性との格差が大きい

ことを主張していますが、Billie Jean Kingは、

まさにその先駆者だったわけですね。

 

かつて、ウィンブルドンも全米オープンも制した

往年の男子テニス界のキング、ボビー・リッグスも、

ビリーの気迫には勝てなかったようです。

 

本当にあった出来事が映画化されると、ストーリーの

あとで、実在の人物の写真や映像が公開されるのですが、

ビリーと戦った、ボビーがソファに横たわって

いる写真を見たとき、一瞬、本物と俳優の区別がつき

ませんでした。メイクさんの仕事に脱帽です。

 

キング役のエマ・ストーンも、リッグス役のスティーブ・

カレルも共に、ゴールデン・グローブ賞ではそれぞれ、

主演女優賞と主演男優賞にノミネートされていました。

 

ちょっとショックだったのは、ボビーの奥さん役だった、

エリザベス・シューが随分年を取ったなと思ったこと。

その昔、トム・クルーズカクテルで共演していた頃の

印象が残っていたので、仕方ないですね。

誰でも年を取るんだから。

 

ハリウッドで今また、弱い女性の立場を悪用した男性

たちがあちこちで責められていますが、この"Battle of

Sexes"も、まさにタイムリーな作品と言えるでしょう。

 

 

 

| mikaeiga | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:07 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}