スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
アイ、トーニャは思った以上に親密な伝記映画

JUGEMテーマ:映画

 

アイ、トーニャは、アカデミー賞でも、主演女優賞と助演女優賞に

二人ともノミネートされるという、演技を認められた映画。

 

 

トーニャ・ハーディングというスケーターは、何かと悪いイメージ

が先行していたので、あんまり期待しないでビデオを見たら、意外

に良かったのです。

 

彼女の生い立ちを考えたとき、最初は母親から無理やりの感で始め

たフィギュアスケートだったけど、もう人生それしかないとなって、

必死になって、とうとうアメリカ人女性スケーターとして初のトリ

プルアクセルを公式試合で成功させたトーニャの心意気に、敬意を

表したい気持ちになりました。

 

だって、普通フィギュアスケートでオリンピックまで行こうと思う

と、小さい頃から親が多額の出資をして、最高とコーチをつけ、

場合によっては海外留学や、移住までして専念するんですよ。

 

それを彼女の生活環境でやってのけたのは、あっぱれです。

 

ちなみに女子スケーターで初めてトリプルアクセルを完成させた

のは、わが日本の伊藤みどり選手でした。彼女も高度な期待を

背負ってオリンピックに出場し、結果、「銀メダルですみません」

という挨拶を残しましたが、国を代表する選手のプレッシャーは

いかばかりかと察するに余りあります。

 

結局、ハーディング選手は1992年のオリンピックで技を出す

ことはできなかったのですが、この時期ちょうど現在の冬季オリン

ピック開催時期へ移行する過渡期にあたり、また2年後にリレハン

メル・オリンピックが行われることになり、再び挑戦を決意するの

です。

 

そのオリンピック出場選手選考会となる全米選手権直前に事件は

起きます。覚えていますね。一番の有力方穂だったライバルの、

ナンシー・ケリガン選手。彼女が練習場で足を殴打されるという

事件です。

 

トーニャのボディーガードが絡んでいた事件ですが、彼女の夫も

つかまり、後にハーディング選手も有罪判決を受けます。その

結果、彼女の人生の全てであるフィギュアスケートの試合には

今後一切出られなくなるんですね。

 

この捜査の最中にオリンピックがあって、出場は許されたものの、

不安定な精神状態で、実力を出し切れるはずもありません。楽曲

が演奏されてスケートを始めるも、うまく行かずにやり直し。

結果はもちろんメダルには届かずでした。

 

この"I, Tonya"のヒロインを演じたのは、マーゴット・ロビー

本来はスリムな女優さんですが、役に近づけるため体重を増やし、

なおかつ、ハードなスケートの練習に明け暮れ、渾身の役作りを

しました。

 

また、娘の人生を左右した、強烈なキャラクターの母親役を演

じたアリソン・ジャニーは、見事、アカデミー主演女優賞を射止

めました。授賞式のあの真っ赤なドレス、素敵でした。

 

私が初めてフィギュアスケートをテレビで見出したのは、札幌

オリンピックのとき。あのとき、ほぼアイドル的な存在だった

ジャネット・リン選手のポスターもしばらく持っていました。

 

冬季オリンピックではいつも花となるフィギュアスケート。

最近では日本の羽生選手がスターになっていますが、彼も、

インタビューで、「スケートは僕の人生の全てです。」と

語っています。

 

どの選手も並々ならぬ努力を重ねてメダルに到達するのです。

改めて、全てのスポーツ選手に敬意を表したい気持ちです。

 

 

 

 

| mikaeiga | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:11 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}