Entry: main  << >>
ブループラネット2で海の底に魅せられる

JUGEMテーマ:映画

 

ブループラネット2のコンプリートボックスを図書館から借りて

観ました。今更ですが、素晴らしいの一言。

 

 

最初は、自然界のドキュメンタリーだから、ちょっと退屈かも、

と思って、夕飯を食べながら観ていたんですけど、その魅力に

どんどん引き込まれていきました。

 

地上の自然界の脅威もさることながら、この海の中の出来事は、

想像を絶する神秘さがあります。感情移入しすぎて、思わず

箸を止めて見入ってしまうことがしばしばでした。

 

ハリウッドの映画界でブロックバスターヒットを出した映画を

思い起こさせるような原型があり、おそらくフィルムメーカーは

こういう自然界の現実を頭に叩き込んで、幻想の世界を作って

いくんだろうなと想像できました。

 

実に、絵画に使う絵具では表せないようなビビッドな色彩が、

暗いと思われているはずの海の底に存在するんですね。

 

アニメで出てくるような、どこか人間の体の部分にも似た、

奇妙奇天烈な格好をした魚たちが本当に存在するんですね。

でも、それぞれが食物連鎖の中で必死に生きている。

 

中には、スリラー映画さながらのシーンもありました。

夜光虫ではなく、夜行魚というか、夜になると海の底深くに

体をうずめて隠し、知らないで泳いでくる魚を一瞬でパクリ!

音響効果も抜群でした。

 

貝を採ってきては、その固い殻を割るために、何度も何度も

壁にたたきつける様子を見ていると、思わず、貝割りが上手な

ラッコに聞けばいいのに、と同情する始末。やっと貝が割れて

食にありつけたときには、心の中でヤッターと叫びました。

 

オオダコとは言え、あの軟体動物が、はさみも鋭く甲羅も堅い

カニを餌にするなんて想像もしませんでした。

 

米英のスタッフが協力して、4,5年かけて、数千時間の

ダイビングをもとに製作されたブループラネット。

長時間をかけてみる価値ありです。

 

今、世界の海の各地で、乱獲が行われたり、プラスチック公害に

よる海の生態系への被害が問題視されるようになりましたが、

地球温暖化でサンゴが息絶えていく様子を見ても、近い将来、

この美しい海やそこに住む生き物がどうなっていくのか、

考えさせられる作品です。

 

| mikaeiga | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:25 | - | - |
Comment








Trackback

ブログランキング

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ

Entry

映画鑑賞

ショッピング


人気のタグ

  • SEOブログパーツ

Profile

Search

Category

Link

Archives

Comment

Trackback

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
}